SEO 二番ではダメですか? No-2

このサイトは、SEO での 上位表示を 目的にしています。

したがって、 配布した SEO対応済のテンプレートを使用しながら
ひたすら 上位表示を目指していきます。
『デザイン命』の方のご期待には添えないかもしれません。

ここ 『ワードプレス(wordpress) 入門講座』 は 外部からのリンクを貰うことなく
開設一ヶ月で 上位表示を獲得した事は 前回お話しました。 
 

 
グーグル で 上位表示 を獲得する為にと グーグル を 調査しまた。
Googleは米国の企業であり、米国の国内法で縛られることがわかりました。
 

Google とお友達になるには 欧米文化で語りかける必要があることもわかりました。
 

 
ところで、
あなたは 英字新聞 を眺めた事がありませんか?
見出しがあって、記事が続きますが その順序は、
最重要情報 ⇒ 重要情報 ⇒ 普通情報 ⇒ おまけ情報 ⇒ ゴミ
と並んでいるのですが ご存知でした?
 

 
これが 欧米流記事の書き方なんです。
日本式に『起承転結』方で書いたら、Googleは『』の部分を最重要記事だと思ってしまいます。
最重要部分が最初に来るのは、欧米にとって常識なんですから。

キーワードは 初めの300字以内とか 言われているのはこの事です。
 

 
もう一つ お伺いします。
 プレセンテーション・パッケージを見た事はありませんか?
よく プレゼン とか ピッチ とか呼ばれる、説明用のドキュメントのことです。

  タイトル : SEO を学ぶ

 第一章 : ワードプレス は SEO によわいのか?
      - Wordpress の構造を掘り下げる
         - ページとは 
         - 投稿とは

      - wordpress の 内部リンクを紐解く
         ー カテゴリー からの リンク
         - タグ からの リンク
         - Top-Page からの リンク

 第二章 : ワードプレス の 追加 SEO 対策

      - Wordpress の SEO 対応テーマを科学する
         - Title は 適切か 
         - Description、Keyword は用意されているか
      - Hx Tag は 適切に 使用されているか?
         ー 
         -

      

 その構造は、上記のような構造になっています。
 

プレゼン・DOC 作成ソフト パワーポイント,IMPRESS,フリーランス 等は
上記のようなような ドキュメント を吐き出してくれます。

 

これも、 欧米文化の 一片なのです。
 

  

そして、Google は このフォーマットで書かれたサイトを普通だと思っています。
 

次回へ続く・・・・・・ (H1~H6を語ります)

DraemonJ 参考になりましたでしょうか・・・・・・・ にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

コメントを残す

*