サーバー障害 顧客データー消滅! 

今日の 読売新聞夕刊に 衝撃的なニュースが掲載されました。

△◎ーの子会社、「▼△■*サーバー」でシステム障害が発生し
5000件以上の顧客データーが 消失。

原因はプログラムの不具合で、
消滅データーの復元は不可能とのこと。

同じような事が、あなたのレンタル・サーバー、無料ブログで発生する可能性があります。

同じような事故が起こっても 困らないように
情報のバックアップは 必ず実行してください

参考情報として、以前の記事をコピーしておきます。

======================================================

先日、お話しました 「サイトが消滅」 を再び発生させないために認めています。

最初にやることは

プラグイン : 、『WordPress Database Backup』 のインストールです。
プラグインの新規追加 で 『WordPress Database Backup』 で検索してください。 
10番目あたりに表示されている【WP-DB-Backup】 を選択し「今すぐインストールをクリック。
続けて有効化してください。

これ以降は、図解で説明いたします。
ツール から バックアップ を選択

まずやることは、現在の バックアップを 取ることです。
バックアップ 設定 から あなたのコンピュータにダウンロード を選択し バックアップをクリック

【LAA0072515-0dvtbh_wp11_20111004_284.sql.gz】として保存されました。

次に設定するのは、 今後自動的にバックアップをとる 設定です。
一週間に一度 をマークして、定期バックアップ をクリックして 設定終了です。

暫くすると、バックアップ完了 が表示されて 現在のサイト情報がダウンロード完了です。

実は、 この プラグイン 、設定したサイトのバックアップだけでなく、 
同じ MYSQL を使用する全てのサイトのバックアップをする事が出来ます。

はい ここまでで終了です。
このあとは、データーを戻すときだけ必要なプロセジャーです。

まず、皆様がお使いになることは無いでしょうし、無いことを願います。

そこで、 障害があって 元の情報に戻すときには、 ここに やり方が在るとして、
お気に入りに登録しておきましょう。

これ以降を 読む必要はありません。

—————————————————————————————————————————————————

ここからは、チカッパ を使って 回復手続きを説明します。(さくら、ロリポップもほぼ同じやり方です)

チカッパにログインして WEBツール から データーベース を選択します。
回復したい MYSQLを選択して操作するをクリック

サーバー、ユーザー名、パスワード を 記録してから phpMyAdminを開く をクリック

ユーザー名、パスワード、サーバーを入力しから 実行するく をクリック

左メニューから、データーベースを選択したあと、 右上から インポート を選択する 

定期的に バックアップ した ファイルを選択して、SQLを確認後 実行するをクリック

「インポートは正常終了しました。xxx個の繰りえを実行しました」 を表示して 回復作業は終了です。

ご苦労様でした。  これで回復作業は終了です。
サイトの確認と、自動バックアップ後に 投稿した記事の入稿を 行ってください。

コメントを残す

*