News! 奈良国立博物館のHP改ざん=尖閣諸島問題の記述

下は 時事通信の記事をyahooが配信したものです。

奈良国立博物館のHP改ざん=尖閣諸島問題の記述
時事通信 8月17日(金)22時45分配信
 独立行政法人の国立文化財機構は17日、奈良国立博物館のホームページ(HP)のうち、所蔵品などの画像データベースの画面が、尖閣諸島問題に関するとみられる英文に改ざんされたと発表した。同博物館は、同データベースの運用を停止するとともに、奈良県警に被害届を提出する方針。
 同機構によると、17日午後1時半ごろ、同博物館の職員が画像データベースの検索画面を開いたところ、改ざんに気付いた。画面には、尖閣諸島が中国に属するなどとの主張が英文で書かれていた。同2時10分ごろに再度確認した際には、人名らしき英文が書かれており、発見後も改ざんが続いていたとみられる。
 同博物館は、県警奈良署やHPの運営を委託している業者に連絡。同2時50分ごろにデータベースの公開を停止し、外部からの接続記録を保存した。接続元の解析などは週明け以降行うという。

wordpressで作成されたサイトかどうかは不明ですが、
我々のサイトの見直しを迫る 警鐘と受け取るべきと思います。

確かに、 
俺のゴミ・サイト のっとる意味はないよ!
と おっしゃるかもしれませんが DDOs攻撃の踏み台にされる恐れがあります。

自分のため、人に迷惑をかけないため、
サイトのセキュリティは 最新、最強レベルに 保っていきましょう!

コメントを残す

*