付箋を使う(Windowsアクセサリー)

「付箋って 知ってます?」

「付箋? それなあに?」

そんな 返事が返ってきそうです

付箋は便利ですよ!
「to-do-list」「お気に入り」「ID&PASS」などを
一時的に、あるいは長期に残して置けます

付箋の情報は、消去するまで残されていますので、
忘備録にも使えます。

いろんな使い方を考えて、
便利にご使用ください。

Windowsのアクセサリー・フォルダーの中に付箋は収納されていますので
クリックして起動します。

付箋の使用方法 :

  • 付箋の上部左の「+」のクリックで、新しいメモが表示される
  • 右上部にある「x」をクリックして 付箋を閉じます
  • 付箋は、自動的に保存されるので、終了時に保存する必要はありません
  • テキストは、キーボードから、貼り付けも出来ます
  • 付箋の背景色の変更は、付箋を右クリックして行います
  • 文字の表示形式の変更は 以下のようにして行います
    1. 太字 – Ctrl + B
    2. 斜体 – Ctrl + I
    3. 下線 – Ctrl + U
    4. 取り消し線 – Ctrl + T
    5. 箇条書き – Ctrl + Shift + L キーを押す度に、表示方法が変わります
    6. テキスト サイズの拡大 – Ctrl + Shift + >
    7. テキスト サイズの縮小 – Ctrl + Shift + <

付箋の情報を、他のPCで使用したり、BKUPすることができます。

  1. 付箋のファイルの保管場所 :
    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Sticky Notes\StickyNotes.snt
  2. StickyNotes.snt をコピーして、共有したいPCへ送付、又は別の場所にBKUP保存してください
  3. 共有、BKUPから復元するには 以下の手順で行います
    • 付箋を起動する ー> 空の StickyNotes.snt が作成される
    • 付箋を 終了する
    • 付箋の保管場所に、他のPCの付箋情報、又はBKUPファイルを上書きする
    • 付箋を再起動する。
    • 欲しい情報が表示される

付箋に貼り付けた URL を ctrl を押しながらクリックすると、
URLサイトが開きますよ

コメントを残す

*