Google上位表示に有効なサイト構造

このサイトは、SEO での 上位表示を 目的にしています。

したがって、 配布している SEO対応済のテンプレートを使用しながら
ひたすら 上位表示を目指していきます。
『デザイン命』の方のご期待には添えないかもしれません。

今までのおさらいをします。
 

 
Googleは米国の企業であり、米国の国内法で縛られることがわかりました。
 

Google とお友達になるには 欧米文化で語りかける必要があることもわかりました。
 

プレセンテーション・パッケージ の 構造も学びました。 
そして、Google が このフォーマットで書かれたサイトが普通だと思っていまる事も学習しました。
 

今回は プレセンテーション・パッケージの 構造を H1~H6 に置き換えてみましょう

<h1>タイトル : SEO を学ぶ</h1>

<h2> 第一章 : ワードプレス は SEO によわいのか?</h2>
      <h3>- Wordpress の構造を掘り下げる</h3>
         <h4>- ページとは </h4>
         <h4>- 投稿とは</h4>

      <h3>- wordpress の 内部リンクを紐解く</h3>
         <h4>ー カテゴリー からの リンク</h4>
         <h4>- タグ からの リンク</h4>
         <h4>- Top-Page からの リンク</h4>

 <h2>第二章 : ワードプレス の 追加 SEO 対策</h2>
     <h3>- Wordpress の SEO 対応テーマを科学する</h3>
         <h4>- Title は 適切か </h4>
         <h4>- Description、Keyword は用意されているか</h4>
      <h3>- Hx Tag は 適切に 使用されているか?</h3>    
         -

     

 と なりました。
 

 Google は こんな フォーマット で書かれたサイトを 待っているのです。
 

 
きっと、『こんな フォーマットのサイトが 出来るわけない! 』 との お叱りを受ける事でしょう。
 

でも 可能ですよ。 このサイトは H1-H3を 使って組み立てられていますし、
配布している テーマ(テンプレ)も 同じ構造になっています。

次回へ続く・・・・・・ 

DraemonJ 参考になりましたでしょうか・・・・・・・ にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

コメント

コメントを残す

*