パソコンの賢い買い方、選び方

Windows8が登場して、パソコンの年末商戦がヒートアップしてきました。
それではと、パソコン選びに重要な点を調べてみました。

パソコンは、使う人によって必要な機能が違って来ます。
そこで、初めての方、通常使用、アフィリエイター、ゲーマー、上級者と違ってきます。

最初に、ご推奨機種をお示ししてから、必要な機能をご紹介していきます。

初めて パソコンを購入される方

初めて パソコンを購入される方には
0円から買える「Wifiと抱き合わせ販売のノートブック」をお勧めします。
特にお勧めしたい理由は、Wifi(無線)込みで購入戴きますと
面倒な光回線の申し込み、配線工事が不要となります。
また、配達された その日からインターネットをご使用できますので すごく便利です。

  • Windows 7 Home Premium (64Bit)
  • Pentium Dual-Core B970 (2.3GHz)
  • 4GBメモリー
  • HDD 750GB
  • Microsoft Office Home and Business 2010同梱
  • WiFi-LTE

【NEC】LaVie S LS150/HS6 (Office/光学ドライブ)詳細情報(0円~)


通常使用者

  • Windows 7 Home Premium (64Bit)
  • Core i5 2450M (2.5GHz)
  • 4GBメモリー
  • HDD 750GB
  • Microsoft Office Home and Business 2010同梱
  • WiFi-LTE

【SONY】VAIO Eシリーズ15インチ SVE15117FJ (i5/Office/Blu-rayドライブ)詳細情報(19,800円~)


アフィリエイター・デザイナー・上級者

  • Windows 7 Home Premium (64Bit)
  • Core i7 3520M (2.9GHz)
  • 4GBメモリー
  • HDD 500GB
  • WiFi-LTE

【lenovo】G580 26897JJ (Core i7)詳細情報(0円~)

注: Microsoft Officeは同梱されていませんが、11月1日現在新しい Office 2013レビュー版が入手できます。確認ください。


Wifiと抱き合わせ販売のノートブックの、追加購入をお考えてください。 
完全な、バックアップ体制を整えるために、光+ディスクトップをお持ちだったら
無線(Wifi)+ノートブック を考えられてはいかがでしょうか?

注: Microsoft Officeは同梱されていませんが、11月1日現在新しい Office 2013レビュー版が入手できます。 購入前に確認ください。


ご案内した商品で注意していただきたいこと

  • イーモバイル・販売代理店のご紹介です
  • データー端末の選択切り替えは、左図の左上隅のラジオボタンをクリックしてください。 画像をクリックしても変更できません


  • セットのデーター端末は月額使用料金を確認してから選んでください。2年後の契約更新時に、3880円に自動移行する端末と、6980円に移行する端末があります。
  • 値段が少し張りますが、LTE対応のGL02P,GL04P,GL03Dからお選びください


Windows7 Windows8 どちらを選ぶ?

答えは簡単です。 新しいものマニアでない限り、Windows7 にしてください。
Windows8では今、初期障害への対応に追われているようです。

それに、今使っているソフトが、Windows8で稼動するかどうかも不明です。
対応が明確になるまでは、待ったほうが良さそうです

お求めの際にはWindows8に1200円でのアップグレードへの登録だけはお忘れなく。
Windows8の優待アップグレード申し込みはしたからどうぞ。

お申し込みの手順

  1. 2012 年 6 月 2 日から 2013 年 1 月 31 日の間に対象の Windows 7 PC をお買い求めください。*
  2. このご案内に対する登録は、windowsupgradeoffer.com で 2013 年 2 月 28 日までに実施してください。
  3. Windows 8 Pro の一般発売後に購入に関する手順をメールにてお知らせします。
  4. 通知メールの内容に従って、Windows 8 優待購入プログラム Web サイトから購入し、ダウンロードした後に、 Windows アップグレード アシスタントを使用してインストールしてください。

また、本プログラムで入手された Microsoft Pro には、マイクロソフトの 90 日間の無償サポートが付属しています。**

CPUは i3 i5 i7 どれを選べばいいですか?

パソコン選びで欲が出て迷うのが パソコンの速さですね。

どうしても最速モデルに目が行ってしまいますが、
自分にあったモデルを賢く選んでおきましょう。

そう考えると 賢い選び方は、

  • 初めての方、通常使用者 は i5
  • アフィリエイター・デザイナー は i5 以上
  • ゲーマー・上級者 i7

となるようです。


メモリー・サイズは 4G? 8G?

きっぱり 4GB をお選びください。

遅いと感じたときに4GBを追加して8GBにできますので、
はじめから8GBにしておく必要はありません。

注 : 購入するときに、8GBに増設できることは確認しておいてください。

HDDとSSD どちらを選べばいい?

ゲーマー、上級者、及び動画を編集する方以外は高価なSSDは不要です。

速さに不満があれば、4GBのメモリーを8GBにしてください。
それで殆どの場合は解決します。

立ち上げで30秒SSDの方が早いから? そんなの 一回だけの話です。  
その為だけに高価なSSDを選ぶことはないでしょう。

注 : Windowsは仮想メモリーを使用しており「ページング」を頻繁に行います。
    この「ページング」の回数が処理速度を大きく左右しますが、
    メモリーが8GB位になると「ページング」する必要がなくなりますので
    処理速度が劇的に改善されます。

光か? Wi-Fiか?

タワー型、デスクトップ型をお使いの方には、光を、
ノート型をお使いの方には ポケットWi-Fi をお勧めします。

双方とも、利用可能地域がキーですが、
Wi-Fiは設定工事が不要なので、購入したその日からインターネットを利用できます。

利用料金
5,250円~
WiFi LTE 3,880円~

タワー型? デスクトップ型? ノートブック?

ゲーマー、上級者、動画を編集する方にはタワー型、デスクトップ型をお勧めですが、
二台目をお考えなら「ノートブック+Wi-Fi」をお選びください。

それ以外の方には、「ノートブック+Wifi」をお勧めします。
持ち運びができる事はすばらしいメリットです。

会議、セミナー、旅行などに簡単に持ち運べますし、
外付けのディスプレイ、キーボード、マウス、USB-メモリーを用意すれば
タワー型、デスクトップ型と同様に使用できるのです。

最後に・・・・

あなたのパソコン選びに、少しでもお役に立てばと思っています。
Windows8は発売直後で、バグ(エラー)対応に追われているようです。

メーカーは、年末の売り上げのために、大々的な宣伝合戦をやっていますが、
実は、今が最安値で、安定した高性能パソコンを手に入れれるチャンスです。

2012年夏モデルが、在庫一掃キャンペーンで格安価格で販売されてます。
搭載ソフトは、Windows7で安定しています。(アップグレードできます)

パソコンのハードは、2012年末モデルとほとんど変わりません。
さらに、話題の LTE 無線モデムが同梱されて 0円~ の販売されています。

以上を参考にして、自分にあったパソコンをお選びください。

イーモバイルとパソコンのセットなら!イーモバイルマーケット